プロダクトのご紹介

  • ターゲットAプログラム

    大腸がん・乳がんの治療用抗体のプロジェクトです。標的分子は乳がん大腸がんなどのがん組織で高発現しており、正常組織での発現はほとんど観察されません。抗体ライブラリーの作製は完了しております。細胞レベル・動物個体レベルの薬効の解析が進められています。この標的分子は12回膜貫通ドメインを有する膜タンパク質であり、これまでに生きた細胞上の標的分子に結合する抗体作製の報告はなされていません。優れた薬効を示すことが明らかになっています。

  • ターゲットS1プログラム

    大腸がん・乳がんの治療用抗体のプロジェクトです。標的分子は、正常細胞では低発現であり、大腸がんなどのがん組織で高発現しています。抗体ライブラリーの作製は完了しています。細胞レベル・動物個体レベルの薬効の解析が進められています。この標的分子は12回膜貫通ドメインを有する膜タンパク質であり、これまでに生きた細胞上の標的分子に結合する抗体作製の報告はなされていません。優れた薬効を示すことが明らかになっています。

  • ターゲットS3プログラム

    大腸がんをはじめとする多くの癌細胞で特異的に高発現している標的分子です。この標的分子は7回膜貫通ドメインを有するGPCRの1種です。治療用抗体ライブラリーの作製が進められています。ヒト臨床検体での解析では、この標的分子は大腸がん患者サンプルの約8割で高発現しています。

  • 抗VEGF抗体プログラム

    VEGFはがん組織における血管新生でで重要な働きを担っている分子です。VEGFに対する抗体ライブラリーを作製しており、従来の抗体医薬において報告されている結合力と比べて1000倍から10000倍の強さの結合力を有する抗体の取得に成功しています。大腸がんが主な対象疾患ですが、優れた薬効を確認済みです。

  • その他 上記以外の標的分子に対する抗体作製プロジェクトも実施しています。(非開示)2017年度からは上記のプロダクトについては完全ヒト型化を行う予定です。既に多くの抗体はヒトキメラ化されています。ノンコンのデータパッケージ、秘密保持契約締結を前提としたデータパッケージが用意されています。
  • 抗体医薬の導出について

    抗体医薬の導出時期は研究開発初期段階、すなわち、disicovery phase、標的が同定され、抗体作製が完了し、優れた薬効が示された時期がほとんどです。前臨床試験までに大半の抗体医薬は製薬企業に導出されます。また、複数の抗体医薬のリード抗体を所有しているバイオテックベンチャーは欧米ではほとんどメガファーマによって買収されてしまい独立して活動を行っているケースの方がまれになっています。